へいちゃんと虹の国のみょうちん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生肉食からドッグフードへ

幹細胞治療を知って、まず思い浮かべたのは、7歳で慢性腎不全で亡くなったシーズーの小太郎のことでした。
小太郎は、先天性の腎形成不全で、先天的に腎組織に異常がありました。
もしかしたら、この幹細胞治療が当時あったら・・・
もしかしたら小太郎はまだ生きていたかもしれないなぁ、なんて・・・

さて、みょうちゃんの血液検査の結果
1か月前にくらべて

IMG_6222F.jpg

腎臓は悪化
 BUN 57.6     84.8(前月) 9.2-29.2
 CRE 2.0   1.5 (0.4-1.4)
肝臓 悪化
 ALP 991     831(前月) (47-254)
 GOT 38      34
 GPT 129      74 (17-78)

今回、初めて測定してもらったコレステロール値
 341と、基準値(111-312)をオーバーしてたんです。



ただ、悪化の一途だった貧血が、今回は微妙に回復してます。
(とはいえ、まだまだ基準値を大きく下回ってはいるんですが。)

そして、体重が3.75と、ちょっと増加。
免疫力等の低下は見られず。

これらから推定される悪化の原因は、生肉メインのフードからドッグフードに変えて食べ過ぎたことにあったようです。
だってねぇ、ドッグフードにしたらピタッと軟便が治ったんですよ。(あ、肉は、その性質上、どうしても軟便がちになるそうです)
みょうちゃんも食べたがるし、私としても、落ちちゃった体重をできるだけ元に戻したいと思ったし。。。



そして、先生とお話をして、みょうちゃんにとって、数字よりも、おいしくゴハンが食べれて、気持ちよく眠れるのがいちばんいいこと、と意見が一致。
幹細胞治療も、一度で回復するわけではないということ。
なので、先進医療を試したりせず、今までの生活スタイルを継続していこうということになりました。

生肉の良さはやはり捨てがたいので、一食だけ、生肉を取り入れて、食べすぎにならないよう注意しながら
次の血液検査に臨もうと思います。

どちらかクリックお願いしま~す。
↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へにほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ

妹の雛のブログ
マルチーズ雛の日記
↑↑↑
遊びにいってね!
スポンサーサイト

テーマ:老犬・高齢犬 - ジャンル:ペット

  1. 2014/07/31(木) 15:35:46|
  2. 未分類
次のページ

いくつになったの

プロフィール

雛のママ

Author:雛のママ
明珍(みょうちん)のこと
2014年12月9日
17歳2ヶ月3日で虹の橋に栄転

平蔵(へいぞう)のこと
2015年8月9日生まれ
   10月13日わが家へ

アメブロ

「マルチーズ雛の日記」の
スピンアウトブログです。
よろしければ、ぜひ、
メインブログをみてください。
↓↓


ランキングに参加しています。
ポチッとお願いします。
↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
にほんブログ村



131202181308.jpg

明珍が表紙になった
ぐらんわん!↓


ぐらんわん!イキイキ犬賞






ボクの食べてる
オーダーフードのお店だよ!




one love

フリーエリア

月別アーカイブ

FC2カウンター

おともだち

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。